HOME Railway Writer's Today 著作一覧 仕事一覧 プロフィール リンク集
レイルウェイ・ライター
種村直樹 仕事一覧
2004年
↑戻る↑
←2003年 2005年→
●『鉄道ジャーナル』
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 5 市街地と山あいに温泉駅」(1月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 6 衛星都市から無人駅まで多種多彩」(2月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 7 うれしい樽見・明知鉄道の活気」(3月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 8 何度も阻まれる御在所山上公園」(4月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 9 南北に長く広い三重県」(5月号)
「九州新幹線<つばめ>と新駅乗り降り 肥後・薩摩に流れた爽やかな風」(6月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 10 立山黒部アルペンルート三十余年」(7月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 11 「浜名湖花博」が開催中の遠州を乗り歩く」(8月号)
「中部の駅百選を歩き、遊ぶ 12 関東・中部の境界に横たわる民鉄王国」(9月号)
「「駅百選」事業を全国展開へ 整合性のある“新百選駅”を望む」(10月号)
「信越の秀逸駅を歩き、遊ぶ(上) 軸になるのはなんといっても“温泉駅”」(11月号)
「信越の秀逸駅を歩き、遊ぶ(下) スイッチバック跡からトンネル駅まで」(12月号)
●「レイルウェイ・レビュー」(『鉄道ジャーナル』連載)
「「いるか文庫」に期待する」(1月号)
「ゆいレールに寄せて」(2月号)
「今こそ政治解決を!」(3月号)
「北勢線活性化に期待する」(4月号)
「地下鉄3悪事件の記憶を」(5月号)
「テロを防ごう」(6月号)
「新・スピード乗り継ぎ 南→北」(7月号)
「エスカレーター事故は軽微だったが…」(8月号)
「JR東日本の「Fプログラム」に寄せて」(9月号)
「四度目の韓国汽車旅」(10月号)
「急行<だいせん>との別れ」(11月号)
「東海道新幹線とともに」(12月号)

●「DIARY」(『鉄道ジャーナル』連載)
2003/10(1月号)〜2004/9(12月号)

●『鉄道ジャーナル』別冊
「2003年の鉄道 まとめ」(『年鑑2004 日本の鉄道』)

●『旅と鉄道』
連載「種村直樹の汽車旅相談室」第107回〜第110回(冬の号・春の号・夏の号・秋の号)
連載「日本列島外周気まぐれ列車」PART IX第14回〜第17回(冬の号・春の号・夏の号・秋の号)

●BJエディターズ『バスジャパン ハンドブックスシリーズ』 路線バスで遊ぶ週末
「「彩の国」味比べ紀行」(R51『西武バス』1月1日刊)
「東武グループバスで訪ねる 伝統の技 伝統の味(前編)」(R52『東武バス』4月1日刊)
「名古屋市営バスで行く ちょっとレトロなナゴヤの旅」(R53『名古屋市交通局』9月1日刊)
「東武グループバスで訪ねる 伝統の技 伝統の味(後編)」(R54『朝日自動車』2005年1月1日刊=取材・執筆はR52『東武バス』と同時)

●ニューサイエンス社『四季の味』 旅先での楽しみ
「飯能のうどん、釧路の「かしわぬき」」(冬号)
「沖縄の「豆腐よう」&海ぶどう」(春号)
「乗り継ぎの味」(夏号)
「信越の駅前食堂三題」(秋号)

●SiGnal『外周新報』
「しまなみ海道の島巡りから下津井・瀬戸大橋へ」(夏号)
「史上初の台風直撃の中 山陽路を進んで赤穂へ」(秋号)

●エッセイなど
「2003年 印象に残った本」『新刊ニュース』1月号 トーハン
「蘇るか『いい日旅立ち』、ディスカバージャパンの夢。」『自遊人』5月号 カラット
「まず乗り、観て、降り、歩く 鉄道ライター三十余年」『ユリイカ』6月号 青土社

●とりあげられた書評など
『「青春18きっぷの旅」 傑作選』(「Rail Magazine」8月号)
『JR新時代の軌跡〈北斗星〉から〈はやて〉まで』(「Jtrain」vol.15、「Rail Magazine」8月号)
『北海道気まぐれ列車』(「北海道新聞」9月26日、「Rail Magazine」10月号)

●談話・インタビューなど
毎日新聞北海道版「雑記帳」4月19日=新スピード乗り継ぎについて
「乗客が望む「閉めます」」読売新聞(東京)5月12日
「観光バス「逆番」でGO!」朝日新聞夕刊(大阪)5月28日
「お薦めの夜行列車」NIKKEIプラス1(日本経済新聞別刷)9月18日
「「ひかり」ちゃんと「こだま」ちゃん。仲良し姉妹の名前にもなった新幹線。」
「名刺になって分かりやすく伝えます。」いずれも『広告』11月号 博報堂
「アルコール控えめに」朝日新聞(東京)11月27日、「琵琶湖一周なんてどう?」同(大阪)11月30日
=いずれもコメントは同じ(記事の趣旨は『定年前後の人たちが「青春18きっぷ」を使った旅を楽しんでいる』)
「「伝統」「独創」の始発駅」産経新聞(東京)12月21日
「わたらせ渓谷鐡道 観光路線 存続に願い」産経新聞群馬県版12月22日

●講演など
「より高質な鉄道サービスの提供をめざして」パネリスト
(関東運輸局主催「第14回鉄道シンポジウム」東京マリオットホテル錦糸町東武 10月29日)

●委嘱
メトロ文化財団評議員(2003年5月28日〜)

●テレビ・ラジオ
「交通費を安く!年末年始得する裏ワザ」テレビ東京系「NEWS EYE」12月13日
Copyright (C) 2004-2011 Naoki Tanemura. All Right Reserved.
Since 2004/05/10
禁無断転載